身の回りの物を整理することで、自身も周りも安心できる

故人が望んでいる葬儀を行いましょう

自分で行なうメリット

生前整理のメリットとは

死ぬ前に、死んだ時のための身の回りの整理を「生前整理」といいます。これは、主に、遺言書の作成や、エンディングノートの作成、死ぬ時に向けた自分の周りの物の整理を行います。 生前整理を行っておくことで、故人となり、遺族や業者が遺品整理を行う時になった際に、形見分けをするもの、供養してほしいもの、処分しておいてほしいものを明らかにしておくことで、遺品整理をスムーズに進めることが出来ます。 また、エンディングノートを作っておくことで、自分が死んだ時、認知症などで自分が人に対して意思表示を行うことが出来なくなった時にどのようにして欲しいかという家族、自分の身の回りの人たちへの自分の希望を伝えることが出来ます。 以上の点が主な生前整理のメリットと言えます。

エンディングノートを作ることの必要性

生前整理は「終活」とも言われ、その一環として、近年注目されているのが「エンディングノート」です。 このエンディングノートとは、自分が死んだ際、意思表示が出来なくなった際に、周りの人たちに対し、「入院・介護が必要になった際にどのようにして欲しいか」「危篤時に延命措置を行ってほしいか」「葬儀はどのようにして欲しいか」「葬儀には誰を呼んでほしいか」「お墓はどのようにしてほしいか」「自分の資産はどれくらいで、口座はどこにあるのか、不動産などは所持しているのか」「借金、ローンは残っていないか」「どのような保険に加入しているか」「遺言書は作成してあるのか」「遺産分割はどのようにして欲しいか」といったことを主に記したものです。 これを作成しておくことで、遺産相続の際の家族間のトラブルを比較的避け、遺品整理の際に家族がどのようにすればいいのかがわかり、死後に必要な手続き、片づけの時間短縮にもつながります。

変化している

以前と比べ、現在は故人を見送る葬儀方法が変わりつつあります。最近は核家族化となりつつあるため、葬儀自体が小規模で行なわれ、親族のみや親しい人のみで行なうことが多くなってきているのです。

詳細を確認する

周りや自身のために

現在は、生前整理という、自身で身の回りの片付けをする人が多くなってきています。子供の生活を考えて自身で整理する人や自身の意思を通すために、業者に依頼し整理をする人が多いのです。

詳細を確認する

最適なサービス

定期的にお墓掃除ができない人に利用されているサービスが、お墓掃除代行サービスです。短髪で依頼することもでき、定期的に掃除を依頼することもできます。仕事やお墓が遠方にある場合に利用されています。

詳細を確認する

効率良く整理できる

故人の遺品を、遺品整理業者に依頼して片付けることができます。核家族化が進むことによって、一人暮らしの高齢者が増えてきています。簡単に依頼が可能なため、サービスを利用する人が増えてきているのです。

詳細を確認する

事前に確認する

遺品整理業者に依頼して大切な故人の物を整理する場合、かかる費用は業者によって異なります。相場は10万円と言われていますが、部屋の広さや業者が設定する金額が異なるため、予め確認しておきましょう。

詳細を確認する