身の回りの物を整理することで、自身も周りも安心できる

故人が望んでいる葬儀を行いましょう

変化している

時代とともに変わるお葬式

人類が誕生したころから、人が亡くなると何かしらの儀式が行われていたといわれています。日本においては古くから、亡くなられた方の近所の方々が協力してお葬式を出すというのが一般的でした。そもそも、数十年前までは自宅で葬儀を執り行う自宅葬が主流であったため、近所の男性陣が協力して祭壇を作ったり、葬儀会場となる部屋の準備を行っていたのです。一方女性はというと、隣のお宅に集まり、総出で通夜振る舞いの料理のしたくをしていました。 こうした共同体による葬儀は、核家族化の進行に伴い、近所付き合いが希薄化したことなどを受けて次第に減少していきます。その結果会場を借りて行う葬儀が一般化していったのです。今では地方の一部地域で残るのみとなりました。

葬儀規模の縮小と自由化

近年における葬儀の一番の特徴は規模の縮小化です。故人や遺族と関わりのあった方が参列する一般葬の数は減少傾向にあり、一方で家族や親しい方のみで行う小規模での葬儀を希望する方が増加傾向にあります。先述した核家族化の進行もその一因ではありますが、葬儀費用を懸念し小規模で執り行うという方が年々増えているのも特徴のひとつです。 また、終活がブームとなったこともあり、生前に自分のお葬式準備を行うという方も増えています。あらかじめ葬儀社に足を運び、具体的なお葬式の内容を決めておき、遺族に負担をかけない方法を選ぶ方もいます。また、形式的なことよりも納得のいく形を追求する自由葬を希望する方も増加しています。こうした傾向は今後ますます広がるとみられており、葬儀社の多様化も進むとみられています。