身の回りの物を整理することで、自身も周りも安心できる

故人が望んでいる葬儀を行いましょう

効率良く整理できる

現在の取り組みやトレンド

現在では核家族化が進み、高齢者の一人暮らし世帯も増加しています。中には、親戚付き合いがなかったり身寄りのない人も多く、亡くなったあとは自宅がそのままになってしまうケースもあります。 最近では、そのような人達のために遺品整理を代行してくれる業者が増えています。人が亡くなった場合は遺品整理だけはなく、様々な手続きが必要になります。 親が亡くなった場合などでも子供が遠方に住んでいたり、仕事が忙しくて時間が取れないような場合は、葬儀や死亡に関する手続き等は済ませても、荷物の処分や片づけまでは手が回らないという人も少なくありません。 最近では、自分たちではしたくてもできない作業を行う遺品整理業者のようなサービスの需要が増えています。

遺品整理業者を利用する方法

遺品整理のサービスを利用するには、遺品整理専門業者を調べて直接依頼する方法もありますが、最近では葬儀社などでも紹介してくれるところもあります。 また、便利屋などでも遺品整理を扱っているところが多くあります。 遺品整理に関しては、業者や依頼内容によって料金が異なるので事前に見積もりなどを取ってしっかりと確認することが大事です。 特に遺品として残しておきたいものや処分してほしいものなどは、事前にしっかりと業者に伝えておくことが大切ですし、不用品に関しては全て処分してしまうのか、リサイクルに出すのかなどでも料金が変わってきます。 また、供養してほしいものがある場合は、供養方法も具体的に話しあうことが大切です。