身の回りの物を整理することで、自身も周りも安心できる

故人が望んでいる葬儀を行いましょう

周りや自身のために

自分の意思を最後まで貫き通す

自分が死んだ後に、残された家族に負担を賭けたくないと考えている方が急増しています。終活と言う言葉までもが誕生し、自分の意思で死後のことも生前に取り決めておく方が増えています。核家族が主流になっている日本の社会では、一人暮らしをしている高齢者が大勢います。忙しい子供たちに、面倒をかけたくないと考えている方々の間で生前整理が急速に普及しています。生前整理のお手伝いを専門に行うNPO法人も登場し、その数は急激に増えています。生前整理では、契約者が元気なうちに希望する事を細かく書類に記録して行きます。葬儀の形態や、友人へ連絡する時期など本人が行うことを変わりに行ってくれるようになっており、急速に広まっています。

生前整理をサポートしてくれる機関

万が一痴ほう症になってしまった際の取り決めも生前整理で行うことができます。介護施設に入所する手続きもNPO法人が行ってくれ、場合によっては保証人になってもらうこともできます。処分してもらいたい物や、遺族に譲ってもらいたい物、公共料金解約の手続きなど、広範囲にわたる内容を書類に記しています。書類内容の変更は、考えが変わったらいつでも行うことができるのも特徴で個人の意思を尊重するように配慮されています。NPOはあくまでお手伝いと保証人になるのであり、介護サービスを提供するわけではありません。介護サービスは自己負担となるので注意してください。後見人となるNPO法人にはサービス内容にもよりますが100万円程度の報酬を支払うことになっています。